MEARCH

街と人をつなぐ

NAKAMEGURO / 中目黒

interview001_2_370_370
AnxnEF3Ttq4
interview001_1_220_220
interview001_3_220_220
interview001_5_220_220
interview001_6_220_220
店長・佐藤さんが
大事にしている想いとは?
たまたま散歩していてここを見つけた、という方との偶然の出会いを大切にしたい。1対1の会話を楽しみながら、お客さまと心地よい距離感を築いていくのも、小さなお店をやっているからこその醍醐味です」

東急東横線沿い、祐天寺方向に続く「中目銀座商店街」。5分ほど歩くと「number3」の小さな看板が目に留まる。ゆっくり辺りを見回していないと、気づかないほどだ。1階の雑貨店の横を入り、小道を5,6歩進めば、そこがお店の入口。まるで、古民家に住む友達を訪れるような気持ちになる。

 

急な階段をぎしぎしいわせながら2階に上がると、店長の佐藤祐哉さんが出迎えてくれた。2014年4月にOPENしたばかりという8畳ほどの店内には、佐藤さんがアメリカ・ニューヨークやシアトルから仕入れてきた古着がずらりと並んでいる。

「もともとスポーツカメラマンをしていたんですが、服が好きという気持ちが強くアパレルの仕事を始めました。販売店を1年間したのち、中目黒で古着店を開いていた友人や先輩方の助けを借りて、自分のお店を立ち上げることに。取り扱うのは、90年代のアメリカンカルチャー。とくに、当時のスポーツシーンを盛り上げたチームロゴが好きなんです」

日本ではほとんど手に入らないレアなデザインものを、アメリカに行って仕入れているため、オンリーワンなアイテムが多い。落ち着いた大人な街・中目黒にあって、カラフルでポップな「若さと勢いのあるデザインものも、このお店の売り」だという。

 

number3のもう一つの魅力は、建物そのもの。昭和30年に建てられた一軒家は、あたたかみを感じ居心地がいい。所々剥げた床の畳や、屋根裏部屋に入り込んだかのような低めの天井も、味わいがあるのが不思議だ。

商店街に面した窓から、街を歩く人々の姿を眺めていると、時間が経つのを忘れてしまいそうになる。

「『どこが入口なの?』『上がっていいの?』とお客様によく聞かれます(笑)。でもだからこそ、たまたま散歩していてここを見つけた、という方との偶然の出会いを大切にしたい。1対1の会話を楽しみながら、お客さまと心地よい距離感を築いていくのも、小さなお店をやっているからこその醍醐味です」

 

撮影、取材を終えたあと、店先に出てお客様とのんびり談笑していた佐藤さん。

地元に愛されるお店が、こうして生まれていく。<Rumi>

 

 

number3 nakameguro

東京都目黒区上目黒Konguri2F

営業時間 13:00 ~ 22:00

03-6412-8581

interview001_1_220_220
interview001_3_220_220
interview001_5_220_220
interview001_6_220_220

東急東横線沿い、祐天寺方向に続く「中目銀座商店街」。5分ほど歩くと「number3」の小さな看板が目に留まる。ゆっくり辺りを見回していないと、気づかないほどだ。1階の雑貨店の横を入り、小道を5,6歩進めば、そこがお店の入口。まるで、古民家に住む友達を訪れるような気持ちになる。

 

急な階段をぎしぎしいわせながら2階に上がると、店長の佐藤祐哉さんが出迎えてくれた。2014年4月にOPENしたばかりという8畳ほどの店内には、佐藤さんがアメリカ・ニューヨークやシアトルから仕入れてきた古着がずらりと並んでいる。

「もともとスポーツカメラマンをしていたんですが、服が好きという気持ちが強くアパレルの仕事を始めました。販売店を1年間したのち、中目黒で古着店を開いていた友人や先輩方の助けを借りて、自分のお店を立ち上げることに。取り扱うのは、90年代のアメリカンカルチャー。とくに、当時のスポーツシーンを盛り上げたチームロゴが好きなんです」

日本ではほとんど手に入らないレアなデザインものを、アメリカに行って仕入れているため、オンリーワンなアイテムが多い。落ち着いた大人な街・中目黒にあって、カラフルでポップな「若さと勢いのあるデザインものも、このお店の売り」だという。

 

number3のもう一つの魅力は、建物そのもの。昭和30年に建てられた一軒家は、あたたかみを感じ居心地がいい。所々剥げた床の畳や、屋根裏部屋に入り込んだかのような低めの天井も、味わいがあるのが不思議だ。

商店街に面した窓から、街を歩く人々の姿を眺めていると、時間が経つのを忘れてしまいそうになる。

「『どこが入口なの?』『上がっていいの?』とお客様によく聞かれます(笑)。でもだからこそ、たまたま散歩していてここを見つけた、という方との偶然の出会いを大切にしたい。1対1の会話を楽しみながら、お客さまと心地よい距離感を築いていくのも、小さなお店をやっているからこその醍醐味です」

 

撮影、取材を終えたあと、店先に出てお客様とのんびり談笑していた佐藤さん。

地元に愛されるお店が、こうして生まれていく。<Rumi>

 

 

number3 nakameguro

東京都目黒区上目黒Konguri2F

営業時間 13:00 ~ 22:00

03-6412-8581